2011年06月16日

小嶋陽菜 高画質画像・写真・壁紙391〜395

小嶋陽菜391 高画質画像・写真・壁紙
小嶋陽菜391 高画質画像・写真・壁紙.jpg

小嶋陽菜392 高画質画像・写真・壁紙
小嶋陽菜392 高画質画像・写真・壁紙.jpg

小嶋陽菜393 高画質画像・写真・壁紙
小嶋陽菜393 高画質画像・写真・壁紙.jpg

小嶋陽菜394 高画質画像・写真・壁紙
小嶋陽菜394 高画質画像・写真・壁紙.jpg

小嶋陽菜395 高画質画像・写真・壁紙
小嶋陽菜395 高画質画像・写真・壁紙.jpg

[所属事務所遍歴]
スターダストプロモーション→(無所属)→office48→プロダクション尾木

[AKB48関連]
オーディションに応募した理由は、応募方法が携帯電話で自分の写真を撮るだけ(写メール)だったため「その写真なら、何十倍も可愛く撮れると思って、送っちゃった」というもの。
オーディションで合格はしたものの、怪しさを感じ、最初のレッスンを「バイトがあるから」という理由で休もうとしたが、劇場支配人である戸賀崎智信から必死に説得されたため、結局参加した。
前田敦子とともに、2011年3月時点では全てのシングル選抜メンバーに選出されている。また、『19thシングル選抜じゃんけん大会』では3位となったため、唯一全てのシングルでメディア選抜となっている。
高橋みなみ・峯岸みなみとのユニット、ノースリーブスでは『マイペース担当』となっている。
2011年時点でAKB48のメンバーでは篠田麻里子に次ぐ年長者である。秋元才加、大島優子、梅田彩佳とは同学年である。
AKB48メンバー全員に出されている恋愛禁止ルールについて、小嶋に対しては、プロデューサー秋元康から、解禁するタイミングの「GOサインを出す」と言われているとのこと。

小嶋陽菜 高画質画像・写真・壁紙386〜390

小嶋陽菜386 高画質画像・写真・壁紙
小嶋陽菜386 高画質画像・写真・壁紙.jpg

小嶋陽菜387 高画質画像・写真・壁紙
小嶋陽菜387 高画質画像・写真・壁紙.jpg

小嶋陽菜388 高画質画像・写真・壁紙
小嶋陽菜388 高画質画像・写真・壁紙.jpg

小嶋陽菜389 高画質画像・写真・壁紙
小嶋陽菜389 高画質画像・写真・壁紙.jpg

小嶋陽菜390 高画質画像・写真・壁紙
小嶋陽菜390 高画質画像・写真・壁紙.jpg

[プロフィール]
小嶋 陽菜(こじま はるな)
生年月日 1988年4月19日(22歳)
出生地 埼玉県
身長 164cm
血液型 O型
職業 アイドル、歌手、女優
ジャンル バラエティ・テレビドラマ・映画
活動期間 2005年12月8日〜
(AKB48デビュー時)

[来歴]
2005年10月30日、『AKB48 オープニングメンバーオーディション』に合格(応募総数7,924名、最終合格者24名)。
2005年12月8日、オープニングメンバー候補生のうち20名として、AKB48劇場グランドオープンの舞台に立った(旧チームAに所属)。
2006年10月25日、AKB48として「会いたかった」で、デフスターレコーズからメジャーデビュー。
2007年7月3日、 高橋みなみ、峯岸みなみと共に、プロダクション尾木に移籍。
2007年7月、TBS系列ドラマ『山田太郎ものがたり』で、ドラマ初出演。
2008年2月、テレビ朝日系列ドラマ『コインロッカー物語』で、ドラマ初主演。
2008年11月26日、高橋みなみ・峯岸みなみと共に結成したノースリーブスとしてCDをリリース。
2009年4月1日、『AKBアイドリング!!!』のメンバーとして、1stシングル「チューしようぜ!」をリリース。
2009年6月から7月にかけて実施された『AKB48 13thシングル選抜総選挙「神様に誓ってガチです」』では6位で、メディア選抜入りを果たした。
2010年5月から6月にかけて実施された『AKB48 17thシングル選抜総選挙「母さんに誓って、ガチです」』では7位で、メディア選抜入りを果たした。
2010年9月21日に開催された『AKB48 19thシングル選抜じゃんけん大会』では3位で、メディア選抜入りを果たした。

2011年06月04日

小嶋陽菜 高画質画像・写真・壁紙381〜385

小嶋陽菜381 高画質画像・写真・壁紙
小嶋陽菜381 高画質画像・写真・壁紙.jpg

小嶋陽菜382 高画質画像・写真・壁紙
小嶋陽菜382 高画質画像・写真・壁紙.jpg

小嶋陽菜383 高画質画像・写真・壁紙
小嶋陽菜383 高画質画像・写真・壁紙.jpg

小嶋陽菜384 高画質画像・写真・壁紙
小嶋陽菜384 高画質画像・写真・壁紙.jpg

小嶋陽菜385 高画質画像・写真・壁紙
小嶋陽菜385 高画質画像・写真・壁紙.jpg

[AKB48時代]
{2010年}
3月、自身がMCを務める『有吉AKB共和国』が開始。しかしこの番組で有吉に「チンチン電車」と言わされた事に始まり、最近ではよく握手会でも「チンチン電車って言ってください」と言われる様になった。ちなみにそのエピソードは、生放送の『ミュージックステーション』で発表した。最近は「チンチン電車」と言い過ぎて、もう恥じらいも無いとか。
4月、雑誌「MAQUIA(マキア)」の専属モデルとなる。1回目は、23日発売の6月号から。
4月20日、Twitter(ツイッター)を開始。
7月8日、ツイッターで男性アイドルの名前を誤って投稿。騒動となる。
7月10日、ライブ「サプライズはありません」にて騒動について釈明を行う。処分などはなし。
8月、ノースリーブスの新曲『君しか』発売記念イベントで、高橋が落語にチャレンジしたが入院により棄権し、代わりに峯岸が落語を務めた握手会にて、小嶋だけ何もしていなかった為、ファンの人に「あれ?居たの?」と言われてしまった。
19thシングルの選抜メンバーを決めるじゃんけん大会が行われるが、それの公式ガイドブックでは、「今まで選抜には全部入れていただいているので、じゃんけんで途切れるのは嫌だ(笑)」。「そんなにセンター願望は無いです。でも、じゃんけんでセンターになっても、それはちょっと恥ずかしい(笑)」と答えている。
9月21日、じゃんけん大会当日は、真っ赤なドレスで登場。篠田曰く「にゃろにしては珍しく気合いの入った服」。実はこれ、『有吉AKB共和国』に登場した占い師が選んだ服。
小嶋は順当に勝ち進み、選抜常連組が次々負けてしまうという大波乱の中、第3位という結果になった。事前の希望通り選抜記録は伸ばし、センターにもならずに済んだ。側にいた篠田によると、途中で小嶋が「私、見えた」と言い出し、相手が何を出すかが見える様になったんだとか。

小嶋陽菜 高画質画像・写真・壁紙376〜380

小嶋陽菜376 高画質画像・写真・壁紙
小嶋陽菜376 高画質画像・写真・壁紙.jpg

小嶋陽菜377 高画質画像・写真・壁紙
小嶋陽菜377 高画質画像・写真・壁紙.jpg

小嶋陽菜378 高画質画像・写真・壁紙
小嶋陽菜378 高画質画像・写真・壁紙.jpg

小嶋陽菜379 高画質画像・写真・壁紙
小嶋陽菜379 高画質画像・写真・壁紙.jpg

小嶋陽菜380 高画質画像・写真・壁紙
小嶋陽菜380 高画質画像・写真・壁紙.jpg

[AKB48時代]
{2007年}
7月3日、高橋みなみ、峯岸みなみと共に、プロダクション尾木に移籍。
7月、TBS系列ドラマ『山田太郎ものがたり』で、ドラマ初出演。
12月31日、 AKB48としてNHK紅白歌合戦に初出場。

{2008年}
10月、ドラマ「メンドル〜イケメンアイドル〜」で初主演。しかし、男装するという特殊なドラマ故、最初は違和感がありすぎて放心状態だったとか。でもこのドラマのおかげで、怖いもの無しになり、何でもできるんだって自信が付いた。
11月26日、ノースリーブスのファーストシングル『Relax!』をリリース。

{2009年}
『ネ申テレビ』シーズン2放送開始イベントで「このメンバーの中で、最も“正直、握手会ってメンドクサイと思っている人”は?」という質問で小嶋が選ばれてしまう。本人は「キャラで選ばれているだけですよ! 実際は、握手会の日は着て行く服を1時間かけて選ぶくらいなのに!!」と全力で否定した。
7月、第1回総選挙では6位。選挙(人気投票)が行われると聞いた他のメンバーの動揺は激しかったが、小嶋は「私はその時思ったんですけど、そもそもそういうコンセプトだったじゃんAKBって。1軍と2軍があって、なんかの拍子にコロコロ入れ替わるみたいな」と、冷静なコメントで総選挙をぶった切った。
11月6日、ファースト写真集『こじはる』を発売。

小嶋陽菜 高画質画像・写真・壁紙371〜375

小嶋陽菜371 高画質画像・写真・壁紙
小嶋陽菜371 高画質画像・写真・壁紙.jpg

小嶋陽菜372 高画質画像・写真・壁紙
小嶋陽菜372 高画質画像・写真・壁紙.jpg

小嶋陽菜373 高画質画像・写真・壁紙
小嶋陽菜373 高画質画像・写真・壁紙.jpg

小嶋陽菜374 高画質画像・写真・壁紙
小嶋陽菜374 高画質画像・写真・壁紙.jpg

小嶋陽菜375 高画質画像・写真・壁紙
小嶋陽菜375 高画質画像・写真・壁紙.jpg

[人物]
運動神経はAKBでもかなり鈍い方。身体が硬く、『AKB0じ59ふん!』で行ったスポーツテストで、体力年齢が95歳と判定された。『週刊AKB』体力測定では、指原莉乃、渡辺麻友に次ぐ下から3番目。なぜか小嶋は、指原と同レベルな事を非常に嫌がっていた。
『PON!』でも毎週体力測定を行い、勝者のみが食べられるというコーナーだが、小嶋が勝つ事は滅多に無い。10/06/25放送にて、球速測定で勝利し、数ヶ月ぶりに試食できた。縄跳び勝負でも勝ったが、小嶋は明らかに他の二人より跳んだ数が少なく、計測機械の回数もめちゃくちゃだったため、疑惑の勝利となった。

[AKB48時代]
芸能界に憧れたキッカケは、小学生の時に見たチェキッ娘。流行のアイドルに敏感だった事から、当時のあだ名は「ミーハー」。また、SPEEDに憧れてダンスを習っていた。
AKB加入以前に、スターダストプロモーションに所属し、BS朝日のアイドル番組『Harajukuロンチャーズ』などに出演していた。しかし大島優子などとは違い、あまり過去についての話はしない。

{2005年}
AKB48に入ったキッカケは、「軽い気持ちで写メを送ったら受かった」。小嶋は自撮りにはかなり自信があったそうで、受け取った運営も「この子を連れて来い!」と会社内で話題になっていたらしい。
AKBは今とは違い、結成前はかなり怪しいプロジェクトに見えたらしく、デビュー前に辞退したり、デビュー後もあまりお客さんが入らず、メンバーの中では「いつ辞めよう」という話をする者もいた。秋元康と高橋みなみ曰く、その代表が小嶋で、よくそんな事を言っていたらしい。
はじめは1期生の中でも一人で居る事が多かったが、峯岸みなみがよく話かけてきてくれて輪に入るようになった。峯岸は小嶋がTVに出ていた事を知っていたらしく、その事を何回も聞かれた。現在ユニット「ノースリーブス」を組んでいるもう一人の高橋みなみとは、オーディション後1年は一言も口を利いていなかった。仲良くなったのは、もっと後の話。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。